作る・体験する

地域資源

4月7日(日)さんがうら山菜ツアー

2019年 4月 7日「春のさんがうら 山菜ツアー」

今年度の第1回目のイベントは毎年高齢の「山菜ツアー」です。
もうおなじみの体験ですが、人気のイベントです。

山菜を求めて里山に来る方も多いですが、そのほとんどは他人の敷地に侵入して
収穫していることが多いのです。これを良く思わない人も多いです。
またごみを捨てていくひどい人もいます。明らかなマナー違反です。

そんなことがないように、この山菜ツアーでは集落のご協力のもと、
イベントを行っていますので安心なのです。

当日は良い天気で春をいっぱいに感じることが出来ました。
山菜探しにタケノコ掘り。山菜づくしのお昼ご飯などなど。
とくにたくさん歩いたので、お昼ご飯はすごく美味しかったです。

菜の花、桜、梨の花、海棠などたくさんの花が咲いていて大満足でした!!
やっぱり春っていいですね~



みなさん、本当にありがとうございました!!


さんがうらで開会。茂田集落までは、マイクロバスで移動しました。

さあ、到着しました。さっそく山菜探しです。周りにはいろんな花が咲いていました。

花冷えの時に霜が降りてしまい、先に出た山菜は結構やられてしまいました。でも、あるんです。

すくすくと育ったわらび。収穫の喜びです。こんなに大きくなっていました。

タケノコ掘り。頑張ってたくさん収穫しました!!

お昼ご飯は山菜づくし。もう最高です。

茂田の春。美しい里山の風景です。

天気も良く、一日中楽しめました。

毎床地区では、梨の花が咲き始めていました。熊本県第1回農村景観大賞の光景です。

さんがうらのグラウンドでは海棠の花が咲き、桜とともに私たちを楽しませてくれました。

≫ 続きを読む

2019/05/07   ブログ管理用

3月10日(日)椎茸の駒打ち体験

2019年 3月 10日「椎茸の駒打ち体験」

椎茸の駒打ち体験。今年も開催しました。
昨年から共催している「球磨村農愉会」より椎屋さんを講師に迎えて実施しました。

今年は雨の中での体験。今まではバタバタして運営していましたが、
今年は一味違います。なぜかというと「屋外炊飯交流体験施設」があるためです。
本当に頼りになる施設です。

最初に椎屋さんから説明があるのですが、ここからもう質問攻め。
参加者の皆さん、非常に熱心に聞いておられました。

体験は、榾木の穴あけ、そして菌駒打ち。
120本用意していた椎茸の榾木(クヌギ)に穴をあけ、駒を金槌で打ち込みます。
地味ですが、中々根気のいる作業。皆さん真剣でした。

お昼ご飯をみんなで囲み、ゆっくり楽しんで解散となりました。
榾木を持ち帰られる人もいれば、施設で管理してもらう人もいます。
私たちもきちんと世話しないといけませんね。
1年半後の収穫目指して頑張ります!!



みなさん、本当にありがとうございました!!


屋外炊飯交流体験施設。雨の日でも安心です。まずは講師の椎屋さんから説明がありました。

こちらは菌駒打ちの班。使用したのは、「にくまる」という品種の椎茸です。

こちらは穴あけ班。専用の椎茸ドリルを使います。手がしびれることがありますが楽しい作業です。

作業もそろそろ終わり。皆さんの頑張りで、予定より早く終わりました。

この日は雨のため、仮伏せできず。後日スタッフで作業を行いました。

皆で食事。こうやって野外の食事ができるようになったのもいいですね。美味しかったです。

≫ 続きを読む

2019/05/07   ブログ管理用

11月24日「秋の味覚満喫体験」

2018年 11月 24日「秋の味覚満喫体験(こんにゃく作りとそば打ち)」

採れたてのこんにゃく芋と今年収穫した秋そばの新そば粉を使って、
「秋の味覚」を存分に楽しもうという体験です。

特に、そばの栽培は松谷棚田の遊休地対策として4年前から取り組み始めました。
農地保全はもちろん、農山村の現状や食育といった面でも広く展開していき、
棚田の維持・次世代への継承につなげていければと思います。

当日は良い天気で、球磨郡・人吉市はもちろん、熊本市など広い地域から参加者があり、
東海大学からもご参加をいただきました。

自分で打ったそばを食べ、こんにゃくも出来上がったら試食しました。
さんがうらで作った柚子こしょうに、新そば粉で作ったそばかりんとうなど、
秋の味覚を楽しんだ一日となりました。


みなさん、本当にありがとうございました!!


研修室にて開会。日が差し込むうららかな天気でした。今年の冬は暖かいですね。

こんにゃく作りの様子です。芋を洗って皮をむくところから体験です。

東海大学の学生さんたちも参加されました。

そば打ち。待望の新そば粉を使っての体験です。

湿度や気温で水の分量が微妙に変わるため、部屋の中に光が差さないようにしています。

そばを切りますす。少しコツが必要ですが、慣れたら面白いように早く切れます。

今回は十割でそばを打ちました。さて自ら打ったそばの味はいかがだったでしょうか。

食堂の様子。体験も終わり、まったり中です。あとは食すのみ!!

そばかりんとう。最近は定期的に物産館かわせみに出しています。おいしいですよ~。

こんにゃくもよく出来上がりました。形の悪いものもありましたが、味は美味しかったですよ!!

≫ 続きを読む

2018/12/05   ブログ管理用

9月23日(日) 柚子胡椒つくりとお彼岸セット作り体験

2018年 9月 23日 「柚子こしょう作りとお彼岸セット作り体験」

この季節は、朝夕が涼しくなりめっきり秋らしいと思ったら、
お昼はまだまだ暑いという、夏と秋が同居する季節です。
そしてお彼岸。この日は中日、秋分の日。太陽が真東から登り真西に沈む日です。
あぜ道には彼岸花が咲き、頭を垂れた稲穂とともに棚田を彩ります。

さて、そんな日、さんがうら9月イベントを開催しました。
毎回好評を得ている「柚子こしょう作り体験」ですが、今回はお彼岸と
いうこともあり、お彼岸セット(おはぎ、味噌だご、いきなり団子)
を作るイベントとして開催。当初15名を定員としていましたが、
なんと29名様のご参加をいただき大賑わいの体験となりました。

まずは調理実習室で団子系から作り、その後、屋外交流施設で柚子こしょう作り。
そしてお昼にはみんなで作った団子と、汁物に出来たばかりの柚子こしょうを
つけて試食しました。出来栄えも良く、皆さんおいしそうに食べていました。

球磨村の農産物もたくさん買っていただき、体験後はお彼岸の地域行事にも
希望者をご案内し、地域と交流してきました。

内容盛りだくさんで開催した今回のイベント。
今後も皆さんから喜ばれ、楽しんでもらえるように頑張っていきます。


みなさん、本当にありがとうございました!!


お彼岸で皆さんお忙しいところ、29名の方にご参加いただきました。定員は15名で募集していましたので、本当に驚きました。一般の方とともに、熊本県立大学「Kumaject」の皆さんも参加されました。

球磨村の旬の農産物コーナーも作りました。

まずは調理実習室で団子作りから。おはぎ、味噌だご、いきなり団子、3種類作りました。

3つの班に分かれて体験。この部屋に30名以上入るとさすがに狭く感じます。

皆さん、食に興味のある方ばかりでいろんな質問や話が飛び交いました。

お次は柚子こしょう作り。屋外交流施設で体験。唐辛子をに注意です。

熊本県立大学「Kumaject」の皆さんも体験にお手伝いにと、頑張っていました。

柚子こしょう。きれいな色しています。近寄ると柚子と唐辛子のマッチングしたいい匂いがしてきました。

おはぎ、味噌だご、いきなり団子!! おいしくないわけがないですね。

お昼に皆で試食会です。このあと希望者の方を、地域行事にご案内し、交流しました。

≫ 続きを読む

2018/12/05   ブログ管理用

6月10日(日)棚田オーナー田植え、さんがうら田植え体験

2018年 6月 10日 「棚田オーナー田植え・さんがうら田植え体験」

今年で4回目となる「棚田オーナー田植え」
日本の棚田百選「松谷棚田」のお米作りのオーナー様と、田植え体験の方
球磨村棚田保存会、地元住民、さんがうら運営委員会など
球磨村挙げての一大イベントです。
今年は「くまむら地域再生協議会」も一緒になって活動しています。

当日は天気予報では降水確率80%の予報でしたが、
なんと、曇り空から時折青空が顔を覗かせるという絶好の天気に。
総勢140名以上の田植えとなり、棚田は大賑わいでした。
1時間30分を予定していたのですが、皆さんの頑張りで1時間ほどで
田植えは終了しました。この間雨降りませんでした。良かったです。

昼食は、さんがうらのグラウンドに新設された
「屋外炊飯等交流体験施設」でオーナーの皆さん、体験参加者の皆さんと
交流を行いました。その最中に雨が降り出しましたが、屋根付きの施設なので安心。

農村の一大イベントは、大盛況のうちに終了しました。
これからおいしいお米ができるように頑張っていきます。
稲刈りの予定日は、成長具合にもよりますが、10月7日(日曜日)を予定しています。

黄金の稲穂が揺れる季節が待ち遠しいですね。



みなさん、本当にありがとうございました!!


今年も村挙げての一大イベントがやってきました。第4回目となる「棚田オーナー」田植え体験です。

球磨村のマスコットキャラクター「球磨太郎(くまんたろう)」君も応援に駆けつけてくれました。

開会式の様子です。

主催者挨拶。運営委員会会長の槻木啓介さん。

球磨村長の柳詰正治様より歓迎の挨拶がありました。

棚田へ向かう前にみんなで記念写真撮影です。

先人たちが切り開いた水田。今年も皆さんのおかげでお米を作ることができます。

地元球磨村の少年野球チーム「球磨・F・ホークス」の子供たち。大活躍でした。

昔ながらの田植え。田植え綱の後ろに一列に並んで丁寧に植えていきます。

3つほどを束から取って植えます。機械なら簡単ですが、手作業はやはり大変ですね。

きれいに植えられていますね~。

子供も大人も頑張りました!!

棚田の一番上付近の様子です。ここまでくると眺めがいいですね~。

降水確率80%をかわし切った体験。総勢140名の素晴らしい体験でした!!

集合写真のアップです。 みなさんありがとうございました!! 

≫ 続きを読む

2018/09/09   ブログ管理用

3月11日(日)「椎茸の駒打ち体験」開催しました。

2018年 3月 11日 「椎茸の駒打ち体験」

久しぶりの開催となりました。「椎茸の駒打ち体験」
実に4年ぶり。ずいぶん長い間この体験はやっていませんでしたが、
今回より復活することとなりました。

今回は、球磨村の新規就農者で結成された「球磨村農愉会」(くまむらのうゆかい)
とのコラボで開催しました。椎茸を栽培されている椎屋(しいや)さん、田中さんに
講師としておいでいただき、準備から体験講師、そしてお楽しみの
食事交流に至るまで一緒になって活動しました。

当日は天気も良く、気持ちいい青空の下、
榾木への穴あけ、菌駒打ちまでを行い、さんがうら敷地で
管理していた榾木からでていた椎茸の収穫も体験しました。

食事は、山菜の天ぷらなど今が旬なものに舌鼓を打ち、
楽しい体験となりました。
参加者の皆さんも楽しんでいただいたようで良かったです。

打った菌駒から椎茸が出て収穫できるのは1年と半年後。
早いやつは1年後に出てきますけれど(^_^;)

でもこれは楽しみですね!!



みなさん、本当にありがとうございました!!


一見地味に思える体験ですが、中々の人気がある体験なのです。問い合わせも多かったです。

球磨村農愉会の椎屋さん(奥)と田中さん(手前)椎茸を栽培されている若手農家です。

椎茸ドリルを使って駒を打つための穴をあけていく楽しい作業です。

打った菌駒は「肉まる」(290)という品種です。肉厚の椎茸です。

地味に見えますが、結構腕に負担がかかります。

ちょこっと椎茸狩り体験です。

心地よい天気の中、春の山菜などの旬な食材がふんだんに使われた料理に舌鼓を打ちました。

仮伏せ。梅雨前に本伏せに変えます。さあ、あと1年と半年後が楽しみです!!

≫ 続きを読む

2018/03/21   ブログ管理用

1月14日「どんどや」「レストランならがわ」開催しました!!

2018年 1月 14日  どんどや・レストランならがわ

2018年(平成30年)になって最初のイベントです!!
「どんどや」そして「レストランならがわ」

例年行っている「どんどや」に、初開催の「レストランならがわ」
地域住民はもちろん、多くの方々の新年の交流の場としての「どんどや」
正月用品やお餅を持ち寄り、1年間の無病息災と五穀豊穣を祈願しました。
地域の方々のご協力、球磨村消防団第五分団のみなさんのお手伝いと見守りもあり、
安心してこの新年の行事を進めることができました。


また、「レストランならがわ」は、さんがうら産の新そばと、
球磨村産のヤマメを使った特別料理でレストランを臨時開店しました。
こちらは予約制でしたが、当日飛込の方もおられ、約2時間で60名以上の
お客様に来ていただき、大賑わいでした。

年始のイベントでたくさんの人々との交流があり、
とても楽しい1日を過ごすことができました。

この1年が皆さまにとって素晴らしい年でありますように願います。
今年も、田舎の体験交流館さんがうら、頑張って参りますので
何卒宜しくお願いいたします!!



みなさん、本当にありがとうございました!!


櫓。今年は最も頑丈な櫓が出来上がりました。風の影響を考慮して、竹はこのスタイルで。

始まるまでの時間、あまりに寒いので皆でたき火でのそばで温まっていました。

11時に櫓へ点火しました。今年の年男による、たいまつでの点火です。

勢いよく燃え上がり始めた炎。正月用品を入れて、無病息災を願いました。

 
天気は快晴。地区住民や参加者の交流。ぜんざいの振る舞いもありました。
 
火の警護には、地元の球磨村消防団第五分団の皆さんが駆けつけてくれました。頼りになります!!
 
レストランならがわの様子。開始の11時から、たくさんの人に来ていただきました。
 
2時間ちょっとで、なんと60名を超える方々に来ていただきました!!

≫ 続きを読む

2018/01/15   ブログ管理用

12月23日「さんがうら収穫祭」でした!!

2017年 12月 23日 「さんがうら収穫祭」

平成29年のイベント最終です。もうそんな季節なんですね~
さんがうらではおなじみのこの体験。
しめ縄作り、ミニ門松作り、餅つき、クリスマスリース作り。
そう、「さんがうら収穫祭」です。

地元の方との交流を楽しみながら、お正月の準備をやってしまおうというイベント。
当日は天気に恵まれ(このイベントとしては久しぶりの晴天快晴!!)
気温もそれほど寒く感じることもなく、楽しい1日を過ごしました。

ゆっくりとした時間を過ごして楽しんだ一日。
食事も田舎の料理にジビエ料理にと盛りだくさん。

まさに今年の締めにふさわしいイベントでした。

今年も残すところあとわずか。
それではみなさま、良いお年をお迎えくださいね!!


みなさん、本当にありがとうございました!!


地元の方と一緒にお正月の準備。竹を切ったり、藁をすぐったり。

慣れてなくても大丈夫。優しい地元の方たちが丁寧に教えてくれました。

餅つきの様子。やっぱり餅つきは子どもたちに会いますね。笑顔が出てきます。

門松の飾りつけ。松に南天、熊笹、梅などいろんなものを使って飾りました。

翌日がクリスマスイブということで、希望者にはリース作り体験もありました。

今年は良い天気!! 昨年のこのイベントはそういえば雨でした。良かったです。

忙しいようでゆったりとした時間が流れます。田舎の良いところですね。

お昼ごはんは、ジビエ料理にお煮しめなど、田舎の山の幸がいっぱいでした!!
出来上がった門松。素晴らしいですね。それぞれに個性があります。
しめ縄作りの様子。長さ1.3mくらいの大きなしめ縄が出来ました!!

≫ 続きを読む

2017/12/24   ブログ管理用

12月17日「こんにゃく作りとそば打ち体験」開催しました

2017年 12月 17日 「こんにゃく作りとそば打ち体験」

今年はそば打ち体験とのコラボが多めです。
この日もイベントは「こんにゃく作りとそば打ち体験です。

田舎こんにゃく作りはいつもながら人気の高い体験。
そば打ちは、熊本市の桝田そば製粉株式会社より、椎葉明夫さんを
講師にお招きしての体験会でした。

こんにゃくはいつも通り2枚お持ち帰りです。そばは、今回はお持ち帰り。
先生が打ったそばと、あらかじめスタッフで打ったそばを食べました。
持って帰った分は冷凍して年末の年越しそばにも使えます。

参加者の皆さんも楽しく体験されていたようです。
そば粉も野菜も干し柿も、大人気でした!!


みなさん、本当にありがとうございました!!


調理実習室でこんにゃく作りです。芋を洗い皮を剥くところから始めました。
熊本県立大学Kumajectの皆さんも参加されました。さんがうらの活動を一緒にしてもらっています。

ミキサーで攪拌します。

形を整えて湯がいていきます。

そば打ち体験。講師は今年2回目、桝田そば製粉株式会社の椎葉明夫さん。

プロが使う道具に興味津々。実際に使わせてもらいました。

体験は2人1組。打ったそばはお持ち帰りです。

そばと作ったばかりのこんにゃくで舌鼓です。

≫ 続きを読む

2017/12/24   ブログ管理用

12月16日「そばかふぇ」開催しました(^^)

本日16日、松谷棚田産の新そばを使った「そばかふぇ」を開催しました。

実は今年度初開催でした。お客様は少なめでしたが、「おいしい」と言っていただき、本当に嬉しかったです。

次は年明けですが、今度はカフェではなく、「レストラン」で開催します!! 

1月14日に「どんどや」と一緒にやります。

ますます展開していく「さんがうら」

そして 田舎の食堂「ならがわ」を楽しみにしていてください(*^^*)

と、その前に、明日はもう一つのイベント「こんにゃく作りとそば打ち体験」があります。

頑張っていきますよ~(^^)/

 

PC160602.jpg

≫ 続きを読む

2017/12/16   ブログ管理用
お気軽にお問い合わせ下さい

TEL 0966-32-0443

受付時間:平日
10:00〜18:00

FAX 0966-32-0443

受付時間
24時間受付