作る・体験する

6月10日(日)棚田オーナー田植え、さんがうら田植え体験

2018年 6月 10日 「棚田オーナー田植え・さんがうら田植え体験」

今年で4回目となる「棚田オーナー田植え」
日本の棚田百選「松谷棚田」のお米作りのオーナー様と、田植え体験の方
球磨村棚田保存会、地元住民、さんがうら運営委員会など
球磨村挙げての一大イベントです。
今年は「くまむら地域再生協議会」も一緒になって活動しています。

当日は天気予報では降水確率80%の予報でしたが、
なんと、曇り空から時折青空が顔を覗かせるという絶好の天気に。
総勢140名以上の田植えとなり、棚田は大賑わいでした。
1時間30分を予定していたのですが、皆さんの頑張りで1時間ほどで
田植えは終了しました。この間雨降りませんでした。良かったです。

昼食は、さんがうらのグラウンドに新設された
「屋外炊飯等交流体験施設」でオーナーの皆さん、体験参加者の皆さんと
交流を行いました。その最中に雨が降り出しましたが、屋根付きの施設なので安心。

農村の一大イベントは、大盛況のうちに終了しました。
これからおいしいお米ができるように頑張っていきます。
稲刈りの予定日は、成長具合にもよりますが、10月7日(日曜日)を予定しています。

黄金の稲穂が揺れる季節が待ち遠しいですね。



みなさん、本当にありがとうございました!!


今年も村挙げての一大イベントがやってきました。第4回目となる「棚田オーナー」田植え体験です。

球磨村のマスコットキャラクター「球磨太郎(くまんたろう)」君も応援に駆けつけてくれました。

開会式の様子です。

主催者挨拶。運営委員会会長の槻木啓介さん。

球磨村長の柳詰正治様より歓迎の挨拶がありました。

棚田へ向かう前にみんなで記念写真撮影です。

先人たちが切り開いた水田。今年も皆さんのおかげでお米を作ることができます。

地元球磨村の少年野球チーム「球磨・F・ホークス」の子供たち。大活躍でした。

昔ながらの田植え。田植え綱の後ろに一列に並んで丁寧に植えていきます。

3つほどを束から取って植えます。機械なら簡単ですが、手作業はやはり大変ですね。

きれいに植えられていますね~。

子供も大人も頑張りました!!

棚田の一番上付近の様子です。ここまでくると眺めがいいですね~。

降水確率80%をかわし切った体験。総勢140名の素晴らしい体験でした!!

集合写真のアップです。 みなさんありがとうございました!! 
2018/09/09   ブログ管理用

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください
お気軽にお問い合わせ下さい

TEL 0966-32-0443

受付時間:平日
10:00〜18:00

FAX 0966-32-0443

受付時間
24時間受付